トヨタのサブスク「KINTO」に専用の足まわりを与えた特別仕様車が登場! アクアとヤリスに設定

トヨタのサブスク「KINTO」に専用の足まわりを与えた特別仕様車が登場! アクアとヤリスに設定

ルックス変更だけではない本格派!

 トヨタ車に月々の定額で乗ることができるサブスクリプションサービス「KINTO」。その多彩なラインアップのなかから、ヤリスとアクアにKINTO専用の特別仕様車「KINTOツーリングセレクション」を設定。11月19日より取り扱いを開始した。

 今回の特別仕様車は、走る楽しみを味わってほしいということで、見た目だけではなく走行性能にも手が加えられている。多くの人に体感してほしいということで、ヤリスとアクアに設定したという。

 アクア S KINTOツーリングセレクションは、ルーフにブラックのカーボン調フィルムを施し、ブラック塗装のドアミラーや専用アルミホイールでスポーティさを強調。スタイリッシュさが際立たったルックスに変身している。

【関連記事】定額でトヨタの新車に乗れる「KINTO」に新たなプランと車種の追加を発表

アクア S KINTOツーリングセレクション画像はこちら

 運動性能に関しては、コーナリングを楽しめるように特別仕様車のために仕立てた専用チューニングのサスペンションとショックアブソーバーを採用。コーナーでの安心感を高め、ワインディングでの楽しさを感じさせる味付けとなっている。

 もう1台のヤリスも、エクステリアに関してはアクアと同様にブラックのカーボン調フィルムを施したルーフ、ブラックのドアミラーや専用アルミホイールを装着してスポーティな装いに。

ヤリス G KINTOツーリングセレクション画像はこちら

 走りに関するチューニングは、ボディ剛性や足まわりに手を加えている。ブレースを追加し、より走りが楽しめるよう最適なボディ剛性を実現。高まったボディ剛性に合わせるよう、サスペンションのスプリングレートを最適化。さらに、ショックアブソーバーも専用品を組み合わせたことで、しなやかな動きと設置感のあるフラットな乗り味を目指している。加えて専用となる電動パワーステアリングも採用しており、思いのままに走りれる気持ちよさを提案した仕様となった。

 なお、ヤリスについては同特別仕様車のハイブリッド仕様が2021年春に追加設定される予定だ。各モデルの月額料料金(税込み)は下記の通り。

【アクア S KINTOツーリングセレクション】
●ボーナス併用払いなし
3年プラン:4万3450円〜/5年プラン:4万1250円〜/7年プラン:3万9600円〜
●ボーナス併用払いあり(5万5000円)
3年プラン:3万4320円〜/5年プラン:3万2120円〜/7年プラン:3万470円〜
●ボーナス併用払いあり(11万円)
3年プラン:2万5080円〜/5年プラン:2万2880円〜/7年プラン:2万1230円〜

【ヤリス G KINTOツーリングセレクション】
●ボーナス併用払いなし
3年プラン:4万6200円〜/5年プラン:4万3010円〜/7年プラン:4万590円〜
●ボーナス併用払いあり(5万5000円)
3年プラン:3万7070円〜/5年プラン:3万3880円〜/7年プラン:3万1460円〜
●ボーナス併用払いあり(11万円)
3年プラン:2万7830円〜/5年プラン:2万4640円〜/7年プラン:2万2220円〜

画像ギャラリー