大人気のホンダの軽自動車! Nシリーズのブランドの概要と編集部おすすめ車種をご紹介 (1/2ページ)

大人気のホンダの軽自動車! Nシリーズのブランドの概要と編集部おすすめ車種をご紹介

「N」にはホンダの想いが込められている

 N-BOXを筆頭に、ホンダの軽自動車は「Nシリーズ」と呼ばれ、人気を博している。現在のホンダの軽自動車のラインアップでは、S660以外のモデルが頭文字に「N」を冠し、この「Nシリーズ」に該当。その由来や魅力について解説していきたい。

ホンダの軽自動車について

 いまホンダの軽自動車は、車種名が「N」から始まることから「Nシリーズ」と呼ばれる(S660を除く)。2011年に軽ハイトワゴンのN-BOXが登場。その後2012年に積載性と使い勝手の向上を図ったN-BOX+(2017年に販売終了)、スポーティな走りを実現するN-ONE、2013年に軽ハイトワゴンのN-WGN、2014年にN-BOXのルーフを100mm低くしたロールーフモデルのN-BOX SLASH(2020年に販売終了)、2018年には商用車のN-VANが加わっている。

【関連記事】ホンダN-BOXの詳細を解説! ライバル車との比較も

ホンダN-BOX(初代)のフロントスタイリング画像はこちら

 これらの起源は1967年に発売されたN360にある。人々にとってまだクルマは憧れだった時代に大人4人が乗れる室内空間や快適性、そして手の届きやすい価格設定を実現。「Nっころ」という愛称で親しまれた。発売後3年連続で軽自動車の国内販売台数トップとなった。

ホンダN360のフロントスタイリング画像はこちら

「N」は「NORIMONO(乗り物)」の「N」であり、単なる機械ではなく、「人が乗るためのもの」といった意味が込められている。

 ホンダの軽自動車は人気が高く、とくにN-BOXは2020年度(2020年4月~2021年3月)の車名別新車販売ランキングで、19万7900台を売り上げ、軽自動車ではNO.1となったことが発表された。新車販売台数では4年連続、軽自動車販売台数では6年連続首位を達成している。

ホンダNシリーズ現行車種一覧

1)N-BOX

 2011年に初代が登場し、2017年にフルモデルチェンジ。現行型の2代目となった。全長3395mm×全幅1475mm×全高1790-1815mmのスーパーハイトワゴンだ。ガソリン車のみの展開で、エンジンにはNAとターボをラインアップする。駆動方式はFFとAWDから選択が可能だ。ホンダの軽自動車では初めてとなる「Honda SENSING」を全グレードに標準装備。スポーティなルックスのカスタムや、スロープ仕様も用意する。価格は142万8900円〜223万円(税込)。

ホンダN-BOXとN-BOXカスタムのフロントスタイリング画像はこちら

関連記事

マイナーチェンジした王者ホンダN-BOX! 6つの気になるポイントを開発陣に聞いてみた

ホンダN-BOXマイナーチェンジモデルを発表! 機能を充実させ個性を際立たせた内外装に変身

ホンダN-BOXの詳細を解説! ライバル車との比較も

2)N-WGN

 2013年に初代が登場。2019年のフルモデルチェンジで現行型の2代目となった。全長3395mm×全幅1475mm×全高1675-1725mmと、全高がN-BOXより少し低いモデルとなる。N-BOX同様ガソリン車のみの展開で、エンジン にはNAとターボ、駆動方式はFFとAWDを用意する。「Honda SENSING」を全グレードに標準装備。丸いヘッドライトなど柔らかい印象のデザインを採用し、スポーティなルックスのカスタムもラインアップ。価格は129万8000円〜182万7100円(税込)。

ホンダN-WGNの走り画像はこちら

関連記事

ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性! 「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き

あまり知られていない新型ホンダN-WGNのトリビア! 知って得する6つの情報

3)N-ONE

 2012年にゼストの後継車として登場。発売から8年たった2020年に初のフルモデルチェンジを施し、現行型の2代目となった。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1545-1570mm。駆動方式はFFとAWDから選択が可能だ。ガソリン車のみの展開で、エンジンにはNAとターボをラインアップ。N360をモチーフにしたレトロなデザインとし、さらに純正アクセサリーにはロアーガーニッシュやフューエルリッドガーニッシュなど、クラシック感を高めるアイテムを用意する。スポーティな見た目と走りを実現したグレード「RS」にはCVTに加え、6速MTも設定。価格は159万9400円〜199万9800円(税込)だ。

ホンダN-ONEの走り画像はこちら

関連記事

廉価グレードも積極的に選ぶ価値あり! いま注目の「N-ONE」の「難解極まる」グレード選びに決着

【試乗】6速MTモデルもある! 乗ればわかる新型N-ONEの軽自動車らしからぬ上質さ

4)N-VAN

ホンダN-VANの走り画像はこちら

 2018年に登場した軽商用車。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1865-1945mm。ガソリン車のみの展開で、エンジンにはNAとターボ、NA車にはCVTに加えて6速MTも用意する。ダイブダウンが可能な助手席、後席の採用や、軽商用車としては初のセンターピラーレスにより高い使い勝手を実現。価格は127万6000円〜187万2200円(税込)だ。

関連記事

N-VAN vs エブリィ vs ハイゼットの「軽バン」最強決定戦! 圧倒的な荷室が勝敗を分けた

ホンダセンシングを全車標準化! ホンダN-VANが一部改良で魅力アップ

画像ギャラリー


新着情報