縁起よりも優先すべきこととは? 納車にいい日と避けたい日 (1/2ページ)

縁起よりも優先すべきこととは? 納車にいい日と避けたい日

この記事をまとめると

■クルマを購入したら早く乗りたいと思う人も少なくないだろう

■しかし納車に適した日の条件がいくつか存在する

■ディーラーによるとできれば納車は平日が良いという

“縁起のいい日”はあまり気にしない人が多い

 クルマを購入したら誰だって早く新しいクルマに乗りたいもの。契約時に「いつ納車できますか?」「一番早い納車日は?」と確認する人も多いだろう。とくに世界的な半導体不足で新車の納期が遅れている昨今ならなおのこと。でも早ければ早いほどいいのだろうか?

 縁起を担ぐなら、早さよりも大安吉日の納車にこだわる人もいるだろう。2022年の新しいカレンダーを見ると、「大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅」と六曜が示されているものがあるはず。

【関連記事】何百万もの「買い物」なのになぜ「数千円」のサービスがない? 新車の納車時に「ガソリン残量」がわずかな理由

2022年のカレンダー画像はこちら

「都合がいい日こそ吉日」と考える人ならスルーしてかまわないが、気にするのなら、あるいは選べるのなら、縁起のいい日、縁起のいい時間に合わせてみるのもいいかもしれない。

 六曜に従うのなら、

大安:すべての時間で良い

友引:11~13時は凶。それ以外は吉

先勝:午前中は吉 午後は凶

先負:午前中は凶 午後は吉

赤口:11時~13時は吉 それ以外は凶

仏滅:すべて凶

 となる。

 親しいディーラーマンに訊いたところ、最近は大安や仏滅にこだわらない人の方が多いらしく、ユーザー側が「この日」といえば、仏滅であってもわざわざそれを伝えることはないという。

画像ギャラリー