「三菱」の記事一覧

トヨタ・ホンダに割って入る三菱の技術力! 本格化する国産PHEVの覇権争い

充電がなくなったときにエンジン性能の差が如実に現れてくる  外部充電した電力によるモーター駆動と、燃料補給による内燃機関というふたつのパワーソースを持つことで、次世代車の中心的存在になると予想されているのがプラグインハイ…

続きを読む...

【ムービー】もっと電気で走る楽しさを! 三菱アウトランダーPHEV大幅改良に込めた開発陣の思いを直撃

開発に携わった人の熱い想いをお届け!  新設計の駆動用バッテリーとエンジンを搭載したことで、PHEVシステムを大幅アップデートさせた三菱アウトランダーPHEV。その改良ポイントについて、開発陣にお話を伺った。インタビュア...

続きを読む...

【動画あり】まさに熟成の域に達した三菱アウトランダーPHEVの2019年モデルに乗った!

ビルシュタインじゃなくても走りの良さが光る!  SUVのPHEVとして他社に先駆けて世に送り出され、1年半あまり前にも大がかりな改良を実施したのも記憶に新しい三菱アウトランダーPHEVが、またしても大きく変わった。  よ...

続きを読む...

【WCT TV】国沢光宏の気になるクルマvol.7 三菱アウトランダーPHEV編

マイナーチェンジの進化度合いをサーキットでチェック  自動車評論家の国沢光宏さんが、話題のクルマをお届けするWEB番組、「国沢光宏の気になるクルマ」。7回目は三菱のSUV、アウトランダーPHEVをサーキットで試乗しました...

続きを読む...

人気も走りもスカイラインGT-Rに負けた、三菱GTO! 勝敗を分けたものとは

重さと重量バランスがネックもランエボに繋がる重要な存在  1990年にデビューしたGTOは、スタリオン以来久しぶりに登場した三菱のスポーツカー。大胆なフェラーリ風のスタイリングが与えられ、エンジンは3リッターターボのV型...

続きを読む...

【試乗】安全装備充実で全車がサポカーに! 安心して乗れる三菱eKスペース カスタムに乗ってみた

軽自動車ながら高速移動も苦にならない快適さ 三菱自動車が1991年から主催しているキャンプイベント「スターキャンプ」が毎年盛大に行われている。アウトドアと親和性の高いクルマが豊富な同社が主催するだけあって、毎年募集定員の...

続きを読む...

【試乗】EV走行距離が伸びてコーナーまで楽しくなった新型三菱アウトランダーPHEVプロトに乗った

SUVながら走りの楽しい1台に仕立てられた!  今やクルマ好きの多くがSUVに注目していると思う。実際、直近の売れ筋を見ると、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンという実用性の高い車種を除けば、圧倒的にSUV比率高くなりま...

続きを読む...

AT車のタコメーターは何のために付いているのか

機能という意味では必要のない装備  エンジン回転計は、変速する際にエンジン回転数を確認するためにある。したがって、運転者が自ら変速しない自動変速機(AT)のクルマでは、必要のない計器である。  エンジンは、回転数と共にト...

続きを読む...

1代限りの名車が蘇る! OttO Mobileから三菱GTOのミニカーが300台限定で発売

いま大人気のオットー・モービルの最新作は三菱の名車だ  ミニカーメーカーの京商が輸入・販売を行っているフランス製ミニカー「OttO Mobile(オットー・モービル」。最新作となる1/18スケールの三菱GTOツインターボ...

続きを読む...

三菱自動車の描く未来図を具現化! 新型エクリプス クロスのキーマンが開発時に込めた思いとは

未来に向けてのクルマづくりに込められた情熱  2017年10月の東京モーターショーで、『Drive your Ambition』という新たなブランドメッセージを発表した三菱自動車。それは、「これまで培った技術にさらなる磨...

続きを読む...

ランエボとパジェロを融合!? 三菱エクリプロス クロスを担当したデザイナーのこだわりとは

まさに三菱自動車の新時代の幕開けを告げるデザイン  三菱らしさを守りながら、三菱にしかできない新たな挑戦を──。そんな気概で臨んだ新型エクリプス クロスのデザイン開発。そこに待ち受けていたのは、予想を超えるいくつもの大き...

続きを読む...

エクリプス クロスの走りを支えるS-AWC! 三菱の走りを支えた4WDの歴史を振り返る

4WDの進化は三菱の進化でもある!  三菱独自の技術というのはいろいろとあるが、そのなかでも三菱らしいのは、やはり4WDだろう。市販車への採用のみならず、ラリーでの大活躍も4WDがあったからこそ。その進化について検証して...

続きを読む...

ランエボ譲りの4WDシステムを採用! 三菱エクリプス クロスのパフォーマンス性能に迫る

新生SUVの核となるのはダウンサイジングターボ  スポーティなスタイルで独自の個性をアピールした新型エクリプス クロス。パフォーマンスについても、そのスタイルに見合った特徴を持ち合わせている。魅力的な競合がひしめくクラス...

続きを読む...

まるでクーペのようなスタイリッシュさ! 三菱エクリプス クロスの内外装をチェック

未来的でスポーティなエクステリアデザイン  スポーティなクーペデザインとSUVらしい力強さを融合させたボディスタイリングが特徴のエクリプス クロス。前後ピラーを寝かせてキャビンを薄く見せ、アッパーボディではシャープ&エレ...

続きを読む...

【ニッポンの名車】通称「走るシーラカンス」 AMGモデルもあった三菱デボネア

AMGとコラボレーションしたモデルもあった  走るシーラカンスとまで言われたのが、三菱の初代デボネアだ。1964年に登場して、なんと1986年まで作られた長寿車で、デザインも元GMのハンス・プレッツェナーが担当したことか...

続きを読む...

1 / 1012345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...