「マツダ」の記事一覧

部屋の中に実物大のFD! 1/1サイズのマツダ「RX-7 タペストリー」が発売中

部屋のなかでも眺めていたいと現役RX-7オーナーが考案 株式会社ワキプリントピアが、「キャラクターのいる生活」を提案するアイテムを発売するECサイト「キャライフ」にて、『1/1スケールタペストリー RX-7 FD3Sデザ...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー候補となる10台が決定!

今年1番のクルマに輝くのはどれか?  今年で39回目となる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、イヤーカーとなる(その年に一番象徴的な)クルマを決めるため27台の新車を選出。その中から実行委員会は11月7日(水)に、...

続きを読む...

勝手に殿堂入り! 50年後も語り継ぎたいニッポンの平成スポーツカー10選

この先も語り続けたい国産名車 「昭和も遠くなりにけり」という言葉があるが(もとは「降る雪や明治は遠くなりにけり」という俳句)、もうすぐ平成も終わり、いずれ「平成も遠くになりにけり」と呼ばれる日が来るのだろう。  しかし、.…

続きを読む...

一見鈍足なのにエンジンは強烈! スポーツカーをぶっちぎれる異端のクルマ5選

スカイライン以外にも「羊の皮を被った狼」は存在  スカイラインGT、のちの2000GT-Bは無骨な4ドアセダンだが、高性能エンジンを積み、公道でもサーキットでも速い走りを見せつけた。そこでクルマ好きは「羊の皮を被った狼」...

続きを読む...

中古でいまだに高値安定! 平成の軽スポーツカー「ABCトリオ」は結局ドレがいいか徹底比較

全体で見るとビートかカプチーノだが…… 「ABCは知ってても それだけじゃ困ります」。むかしこういう歌詞の英語教室のCMがあったのだが、1990年代初頭にクルマ業界でABCといえば、3台の世界最小軽自動車の本格スポーツカ...

続きを読む...

家族も満足サーキット派も納得!  ニッポンの俊足スポーツセダン4選+α

実用性とスポーツカーばりの走りを両立したモデルたち  BMW M3セダンやアウディRS3セダンなど、スポーツカーと同等以上の走りと、4ドアの実用性を兼ね備えたスポーツセダンは、ある意味クルマ好きのベストチョイスといえる車...

続きを読む...

家族全員が満足! 走りも実用性も1台で全部こなしたい人が選ぶべき究極のマルチカー5選

大人数乗車や荷物を満載しなければワゴンがベスト!  クルマ好きのファミリーがクルマを選ぶとき、優先順位は人それぞれだろうけど、基本は乗り心地やエンジンの気持ちよさ、必用十分以上の動力性能、安心感と安定感たっぷりの操縦性、…

続きを読む...

安くて速さもほどほどだから面白い!  国産「中辛」ハッチバック5選

値段以上の走りを披露する  コンパクトで実用的なハッチバック車をベースに、スポーティーな味付けを加えたホットハッチはモデルは、スポーツドライビングに興味がある人のエントリーカーやセカンドカーとしてもうってつけの一台。  .…

続きを読む...

【試乗】2種類のガソリンエンジンを追加! マツダCX-8は軽快なエンジンフィールが好印象

軽快な加速感はガソリンエンジンならでは  1988年に登場した初代MPV。当時マツダは3列シートながらマツダはミニバンとは呼ばず。「新カテゴリーの多目的高級サルーン」と呼んでいた。あれから29年、再びマツダは新ジャンルの...

続きを読む...

マツダ・デミオのガソリンエンジンが排気量アップで実用性を向上! さらにおしゃれな特別仕様車も登場

おしゃれなインテリアの特別仕様車の第6弾はマルーンカラー  マツダは、コンパクトハッチバックのデミオに搭載するガソリンエンジンの排気量をアップさせ、ゆとりある走りと燃費向上を図った。さらに、上質でシックな特別仕様車「Mi...

続きを読む...

【ムービー】ますます魅力的になったマツダ・ロードスターの開発キーマン2人にインタビュー

乗るとわかるエンジンを改良したことのすごさ マツダ・ロードスターの改良モデルが6月に登場した。ソフトトップモデルは、限定車としてキャラメルトップを採用し、ATのシフトタイミングなどを見直した。リトラクタブルハードトップを...

続きを読む...

一時代を築いたマツダ・ファミリア! 初代から9代目まで激動の歴史を追う

過去にはロータリーエンジンを搭載したモデルも  先日、幕張メッセで開催されたオートモビルカウンシル。その中のマツダブースでは、「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」をテーマに次期アクセラと噂されて...

続きを読む...

【ムービー】キャラメルトップでオシャレ度アップ! マツダ・ロードスターの改良モデルに試乗

よりロードスターらしさが増した!  先日、改良が施されたマツダ・ロードスター。今回の改良点で注目するべき箇所は2つ。まず特別仕様車として、ブラウンの幌を採用したキャラメルトップを設定。よりスタイリッシュでお洒落さがアップ...

続きを読む...

1 / 1512345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  4. 日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    COTYの原点に立ち返れば選ぶ側が決めるべきこと 毎年恒例のイベントに...

  5. 使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

    使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

    クルマ自体が進化したために使われなくなった言葉も  昭和は遠くになりに...

  6. なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    今や少数派だが存在感と実力はバッチリ! 今はSUVがブームだが、その発...

  7. 愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    走りや機能面がいくらよくてもクルマは売れないこともある ミニバン:ホン...

  8. マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    売れ筋ジャンルにもかかわらず売れないモデルも 発売されても売れ行きがい...

  9. 雨上がりに放置はNG! 露天駐車のクルマの寿命を延ばすひと手間とは?

    雨上がりに放置はNG! 露天駐車のクルマの寿命を延ばすひと手間とは?

    雨がやんだ直後に走行するだけで錆対策になる 最近はやたらと雨が多かった...

  10. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...