「スズキ」の記事一覧

10年落ちだから激安! 30万円以下で狙える街で見劣りしない中古コンパクトカー4選

10年選手であっても見た目機能ともに見劣りしないモデルも!  手ごろな金額の中古車、というと軽自動車を思い浮かべる人も多いかもしれないが、じつは使い勝手がよく維持費の安い軽自動車は中古価格が下がりにくい。そのため、若干維...

続きを読む...

大人数では乗らない! でも便利なほうがいい……人向けのミニバンじゃないスライドドア車5+1選

狭い場所でも乗降しやすいスライドドアは便利そのもの  何事にもメリットとデメリットはあるのだが、こと実用車、それも子育て世代のママやシニアな家族やペットがいる場合、スライドドア車のメリットは絶大。スライドドア車はそもそも…

続きを読む...

2番手で何が悪い! トップになれないけど魅力溢れる愛すべきクルマ5選

必ずしも商品力で1位にクルマに劣っているわけではない  好調に売れるクルマは、多くのユーザーが愛用する以上、優れた商品と判断できる。  しかし各カテゴリーの販売1位は、商品力だけでは獲得できず、販売力も求められる。またそ...

続きを読む...

男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選

ヌイグルミと自動車の合体という斬新すぎるコンセプトも  きゃわゆいカー。あるいはぬいぐるみカーとも呼ぶべき分野が存在することは、皆さんご存じのことだろう。女性向けに開発された超フェミニン&ラブリーなクルマたちのこ...

続きを読む...

現役子育てママが本気で推す! 親子大満足の使えるコンパクトカー5選

同じコンパクトカーでも室内の工夫で使い勝手は大きく異なる  子どもと過ごす毎日には、とにかくクルマがあると助かる場面がいっぱいです。ママチャリも便利ですが、子どもを乗せると予想以上に荷物が積めない(涙)。オムツやトイレッ…

続きを読む...

これは発売希望! 趣味を満喫できる新型スズキ・ジムニー&シエラのカスタムは注目の的!【大阪オートメッセ2019】

ジムニーの本能を呼び覚ます本格オフロード仕様  インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」。3ホールにあるスズキ・ブースのメインステージには、昨年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを果たして以来、仕様によ...

続きを読む...

ホンダN-BOX以前にもあった! ライバル不在の圧倒的一人勝ちクルマ4選

オリジナリティ溢れるコンセプトで一時的な独占に成功!  2代目へとフルモデルチェンジを果たしてもなお、その勢いが衰えることを知らないホンダN-BOX。軽乗用車のスーパーハイトタイプというジャンルで括れば他メーカーからも同...

続きを読む...

地味で忘れられがちでもじつはイイ! 乗るとジワジワよさが伝わるスルメのような現行車5選

モデルチェンジされぬがゆえ存在すら忘れ去られたクルマも……  最近なにかと派手だったり、機能が充実していたり、目立つクルマばかりがもてはやされる。しかし派手さはないものの、乗るとやっぱりいいなぁ、とシミジミ思うクルマとい...

続きを読む...

その勝敗をわけたものとは! 2018年に登場した新車の「勝ち組」「負け組」20選

勝ち組1位は本格オフローダー!  今は新型車の発売が滞っている。そこでグレード追加、2018年に試乗したプロトタイプ(試作車)なども含めて、勝ち負けを考えたい。 ■勝ち組 12位 スペーシアギア  人気の高いスペーシアを...

続きを読む...

レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5

軽自動車にはMTを超えるトランスミッションが搭載されていない  はじめに断っておくが、僕はMT(マニュアルトランスミッション)派ではない。「中谷シフト」とか「マシンガンシフト」と呼ばれるようなMTを操る特殊テクニックを披...

続きを読む...

ハズレを掴むと運転しづらくストレス! 家族で使うなら選ぶべき女性でも運転しやすいSUV5選

ボディサイズや視界に使い勝手などを加味して総合的に判断  世界中で依然として、空前のSUVブームが続いています。古くからあるクロカン4WDというよりは、デザインや走り重視のクロスオーバーSUVがそのブームを牽引しています...

続きを読む...

コンパクトカーを買う気が失せる! 燃費も走りもイケてるイマドキの実用軽ターボ車5選

プチバンと呼べるほどの室内空間を持つモデルも存在  最近の軽自動車をあなどるなかれ。とくにターボモデルは、価格はともかく、下手なコンパクトカーを凌ぐ動力性能、乗り心地、走りの質感を持っていたりする。ガラパゴスなサイズはし…

続きを読む...

やっぱりマニュアルが好き! たった50万円でMTと走りが楽しめる中古モデル4選

もう登場しない可能性もある操ってる感満点の4台  新たに登場する車種も、販売の割合で言っても圧倒的にAT車が優勢となっている現代。燃費の面で見ても、サーキットでのラップタイムを見ても2ペダル車(AT車)のほうが優れている...

続きを読む...

新エンジン&プラットフォオームで進化! インドの子会社マルチ・スズキが3代目ワゴンRを発売

累計販売台数220万台を突破した人気モデルの最新作!  スズキは、インドの子会社であるマルチ・スズキ社にて小型乗用車「ワゴンR」をフルモデルチェンジした。  インド製として3代目となるこのワゴンRは、新プラットフォーム「...

続きを読む...

ガチの悪路は走らない! そんな人にメリットの大きいクロスオーバーSUV5台とその中身

立体駐車場へ入庫できるかがポイントのひとつに  世界的にブレークしているクロスオーバーSUVには興味津々ながら、本格SUVまでは必要なし。扱いやすくて燃費も良く、比較的手ごろな価格のクロスオーバーモデルはないものか? 今...

続きを読む...

1 / 1212345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  6. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  7. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  8. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...