「スズキ」の記事一覧

レーダーブレーキサポートII搭載! スズキSX4 S-CROSSが一部改良で安全装備を充実

オーディオもグレードアップで快適なドライブを実現  スズキはクロスオーバーモデル「SX4 S-CROSS」の仕様を一部変更し、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備を追加して発売した。  SX4 S-CROSSはハンガリーに...

続きを読む...

令和に「平成の個性派」として語られること間違いなし! 秀逸デザインの現行国産車4選

10年近く経つのになお色褪せない見た目のクルマも  クルマのデザインは千差万別。といってもなんでも自由にできるというワケではなく、法規制に則って問題がないように設計されている。そのなかでも各メーカー、車種ごとに個性を打ち...

続きを読む...

若者のクルマ離れに終止符! 初めての愛車にすればカーマニアになること間違いなしのクルマ5選

低予算で購入できる現行モデルのなかからチョイス  この春休みを利用して、運転免許を取得した人、今まさに教習所に通ってがんばっている人、たくさんいらっしゃると思います。それを見守るご両親は、アラフォー世代が多いですよね。そ…

続きを読む...

しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静岡~森掛川の約50kmの区間で試行最高速度が120km/hに引き上げられました。110km/hの試行期間を経て、交通事故の発生件数に大きな変化がなかっ...

続きを読む...

普通のオーナー大迷惑!  一部のオラオラドライバーのせいでDQN扱いされがちなクルマ8台

やっぱり王道は威圧系顔のミニバン  クルマというのは、作り手やオーナーの思いに反して、時として、世間からヘンなイメージを持たれてしまうことがある。  真面目なオーナーからすれば、いい面の皮といったところだが、不幸にもDQ...

続きを読む...

まるでアニメか映画の世界! 実在する宇宙船のような衝撃デザインのクルマ7選

デザインスケッチどおりに作られたクルマも  クルマというのは機能も大切だが、デザイン性も重要だ。極端なことを言ってしまうと、走りなどの機能に遜色があっても、デザインが良ければ話題になったり、売れたりすることもある。今回は…

続きを読む...

スポーツモデル=MTの時代は終わった! あえてATを勧めたいクルマとそれでもMTで乗るべきクルマ

現代はATの完成度も高くなっている  ひと昔前は「スポーツカー、スポーツ系のクルマはMTで乗るもので、ATで乗るのは邪道だ」などと言われたものである。では、このことは現代でも同じなのかを考えると「クルマにもよるけどMTで...

続きを読む...

どいつもこいつもヘビー級のこのご時世に貴重な存在! 「軽さが命」のスポーツモデル4選

なんと500kgを切る究極のライトウェイトスポーツも存在  最近の自動車は先進安全装備など過去の車両には備わらなかった装備が標準で搭載されるようになり、衝突安全の兼ね合いからも車両重量は増加の一途をたどっている。とはいえ...

続きを読む...

便利でなければクルマじゃない……派必見の収納力抜群の軽&コンパクトカー5選

クルマの中をスッキリ保ちたいなら収納にこだわる  進級進学、引越しや模様替えと、何かある人もない人も、なんだか知らないがやたらとバタバタする春。それに伴う用事やお出かけも増えて、気がついたらクルマのなかまでゴッチャゴチャ…

続きを読む...

嫌なことも吹っ飛ぶ爽快感! この春MTデビューを目指す女子にオススメのコンパクトマニュアル車5選

新たなことにチャレンジしてみたいならMT車デビューがオススメ  いよいよ新年度、新学期のスタートですね。これを機に、ずっと憧れていたコトや、今までとは何か違うコトに挑戦したい、新しい自分を見つけたい! そんな意欲を燃やし...

続きを読む...

クルマの売れないこのご時世でも値引きはしない! 強気の販売で「買い得感」の少ない国産車5選

市場の冷え込みで値引きの大きい車種が多いなか強気のクルマも  今の日本車メーカーは、国内市場よりも海外を重視する。各地域の販売比率も、ダイハツを除くと国内市場は20%以下だ。世界生産台数の80%以上を海外で売る。  そう...

続きを読む...

ジワるクルマ多し! まもなく終わる平成を偲んで平成7年に誕生した名車&迷車7選

CARトップの筑波テストで10年破られない記録を作ったクルマも  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気...

続きを読む...

じつは海の向こうの生まれ! 日本車なのに海外から輸入されているモデル4選

同じ車種でもボディタイプによって海外生産となるモデルも  日本のメーカーの車種はすべて日本国内で生産されている……と思われがちだが、じつはそのメーカーの海外にある生産拠点で作られてそれを日本に輸入する形で販売されている車...

続きを読む...

この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

一見ファミリー向けだが後席での長時間移動が厳しいモデルも存在  国産コンパクトカーの室内空間は優れたパッケージング技術によって、ボディサイズからは想像もできないほど広かったりする。それこそ軽自動車の後席でさえ、容量系、ハ…

続きを読む...

不人気だから安い……でも現行モデルだから引け目を感じない! 足には最高の中古コンパクトカー4選

超メジャー車でも人気のないグレードは安い!  免許を取ったばかりの人やとりあえずのアシとしてクルマを探している人にオススメしたいのがやや不人気なコンパクトカーだ。維持費の面で考えれば軽自動車のほうが安価ではあるが、それだ…

続きを読む...

1 / 1412345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  8. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  9. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...