「ホンダ N-BOX」の記事一覧 - 4ページ目

ホンダ N-BOXに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ホンダN-BOXマイナーチェンジモデルを発表! 機能を充実させ個性を際立たせた内外装に変身

大幅変更というよりは熟成という言葉がぴったり  2011年に初代モデルが登場、2017年の現行型2代目モデルへ進化し、今では軽乗用車を代表する存在に成長した日本の国民車の1台であるホンダN-BOXがマイナーチェンジされた...

続きを読む...

3気筒が音も振動も「安っぽい」のは昔の話! 乗れば感動できる「直3」エンジン車4選+α

同じ排気量なら4気筒よりもトルクを出しやすく燃費も良い!  読者のなかには、3気筒エンジンに抵抗がある人も少なくないと思う。なにしろ、日本では軽自動車のパワーユニットというイメージが根付いているからだ。  しかし、いまや...

続きを読む...

かつての「鉄板」は通用しない! 女子が望む今どき「デートカー」事情とは

クルマを「もって」なくても問題なし! 「デートカー」という呼び名そのものに、ちょっと昭和のかおりがするかもしれませんが、それもそのはず。バルブ景気で日本中が活気にあふれていた1980年代半ばから1990年代前半にかけて、...

続きを読む...

女性ならクルマもファッションの一部と捉えるべし! 7つの服の系統別オススメの小型国産車14台

愛車やファッションはその人のイメージに影響する!  春はコロナ禍で外出できず、夏は猛暑でオシャレどころではなく、秋が深まってようやく大好きなファッションを楽しめるようになった気がしますね。Go toキャンペーンなどで、オ...

続きを読む...

驚異の使い勝手がもつ驚きの「万能性」! 意外にファミリー向けの「働くクルマ」6選

営業カーや現場カーだって家族使用にも応える万能グルマ!  室内が広くて荷物がたっぷり積めるクルマが欲しいけど、新車はどれも予算オーバーだな〜という人、いませんか? クルマは足としてガンガン使いたいから、本革シートとかイル…

続きを読む...

見てもわからない「中身」の衝撃進化! 中古車選びで「要注意」の劇的マイナーチェンジ4選

使い勝手や乗り心地を考慮して改良が施された  現行モデルのマイナーチェンジであれば、比較的、改良の内容が分かりやすいものの、いざ、中古車を選ぶ際、いったいどの時期のクルマがベターであるかは、なかなかわかりにくいと思う。当…

続きを読む...

ライバルに「劣る」面も結構ある! それでもホンダN-BOXが圧倒できる「挫折の経験」とホンダならではの強み

N-BOXは広さや収納設備、燃費の良さが高人気につながった  ホンダN-BOXは国内販売の絶対王者だ。2017年から国内販売の1位を独走しており、コロナ禍でもその位置付けは変わらない。  直近の2020年8月には1万45...

続きを読む...

人気車に乗りたい! でも人と被るのは嫌! そんな人が選ぶべき「定番車」5台と個性を主張する方法

ファッション性の高さや他とは違う個性的なカラーリングが魅力!  人気車、あるいは街にあふれているようなクルマを購入候補としている場合、できれば人とは違う個性を主張したい……と思うことがあるはずだ。  たとえば、トヨタ・ク...

続きを読む...

「生活の変化」で乗るべきクルマを変えるのが吉! 3パターンの「女性」が選ぶべき軽自動車6台

免許取り立てでも安心のモデルも!  小さくて維持費がリーズナブルで、でも広い室内やたっぷりの収納で便利に使える軽自動車は、女性にも大人気です。ハイトワゴンやSUVタイプ、スライドドアのあるスーパーハイトワゴンと、種類も豊...

続きを読む...

軽自動車はターボかNAか? ホンダN-BOXに5年乗る費用を比べてわかった「意外」な結果!

日本で一番売れているホンダN-BOXを一例に比較してみた  スーパーハイトワゴンやハイトワゴンといった軽自動車を買う際、「安価なNAにするか、ちょっと高いターボにするのか」というのはなかなか難しいテーマである。ここでは新...

続きを読む...

爆売れするにはワケがある! ミニバン・軽・SUVなど各ジャンル「1位」のクルマ5台の「唯一無二」っぷり

コンパクトなボディでも使い勝手や安全性の高いモデルが人気  好調に売れるクルマは、多くのユーザーが使っている実績があり、優れた商品と判断できる。各ジャンルの販売1位車種が備える唯一無二の「売れる魅力」を考えたい。 1)ホ...

続きを読む...

後出しジャンケンの日産ルークスが凄い! N-BOX・タント・スペーシアの強力ライバルを圧倒するポイントとは

当然ながらライバル車で気になる部分を解消している!  いま、日本で一番売れているクルマ(2020年6月の新車販売台数)は、やはりホンダN-BOX(1万5557台)。そして乗用車を含む販売台数ベスト10に、N-BOXと同じ...

続きを読む...

買うなら「守り」に入るべからず! 個性派ボディカラーが「映える」現行車7台

個性的なカラーがモデルの魅力を最大限に引き出すことも  かつて、ボクが初めての愛車を選んだきっかけが、ボディカラーだった。夜の都会の交差点を、颯爽と駆け抜ける深い紺のボディカラーをまとったクーペにぞっこん。そのクルマの名…

続きを読む...

高すぎるいまどきの軽自動車! 普通車と同じ値段でも選ぶ価値はあるのか

コンパクトカーと比べても今どきの軽自動車は高額  軽自動車は日本独自のベーシックカーだ。かつては価格の安さと維持費の安さが売りだったが、いつの間にか価格が高騰。NAで150万円、ターボで170万円したりする。一例として、...

続きを読む...

デイリーランキング