「日産」の記事一覧

ニスモが第2世代スカイラインGT-R用チタン製ストラットタワーバーを発売

伝説のコンプリートカーに装着されていたものがモチーフ  ニッサンモータースポーツインターナショナル(以下、ニスモ)は、今もなお国内外で絶大な人気を誇るスカイラインGT-R用のチタンタワーバーを発売した。15万円(税抜き)...

続きを読む...

ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在  未だに衰えを感じないSUV人気。そのため、いままで高級車やスポーツカーしか作ってこなかった海外メーカーも続々と新型SUVをリリースしているほどだ。しかし、出せば売...

続きを読む...

もはや絶滅危惧種で乗るならいま! 大排気量NAエンジンを楽しめる国産モデル4選

多くが2リッター直4ターボなどに置きかわっている  現在、日本で買えるクルマのエンジンを改めて見ると、輸入車を含め、ターボやスーパーチャージャーといった過給機を持たないNA(自然吸気)エンジンがメッキリ減ったことに驚く。...

続きを読む...

日産がデトロイトで自動運転EVコンセプトカー「IMs」を世界初公開【NAIAS2019】

和のテイストも取り入れた最新の自動運転車  アメリカ・ミシガン州デトロイトで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019:2019年1月14日~27日)で、電気自動車(EV)コンセプトの「Nissan IMs」...

続きを読む...

インフィニティはブランド誕生30周年を記念した電動SUVのコンセプトカーを発表【NAIAS2019】

陶磁器や漆器など日本のDNAを盛り込んだ電動SUV  2019年1月14日~27日にアメリカ・ミシガン州デトロイトにあるCOBOセンターで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019)。そのプレスデー初日にイン...

続きを読む...

カルロス・ゴーン問題で注目されるのは日産ばかり!  三菱とルノーは果たしてどうなる?

ルノー・日産・三菱自の三社は電動化技術のトップランナー  日産自動車のカルロス・ゴーン前会長をめぐる事案は、いくつもの案件とあまたの思惑が指摘されるものであり、互いの主張も真っ向としている。現時点ではその内容を理解するこ…

続きを読む...

販売台数でルノーを上まわる日産! それでも提携を続ける意味とは?

アライアンスにカルロス・ゴーンという個人は関係ない  本稿執筆時点で、日産前CEO、カルロス・ゴーン容疑者は東京拘置所に拘留されており、一連の事案について、未だに解明されていない。こうした状況で、日産の今後を考察するのは...

続きを読む...

これなら走れない道はない! クローラー仕様のジュークを展示した日産ブース【東京オートサロン2019】

ひっそりと展示されていたエルグランドはGT-R仕様!?  日産自動車は、東京オートサロン2019にて個性的なカスタムカーを展示した。もっとも注目を集めていたのが、エクストレイルとジュークの2台だろう。  ジューク・パーソ...

続きを読む...

バカ売れノートやセレナだけじゃない! 逆風時代に注目したい日陰の日産車3選

売れていないが乗れば溢れる魅力に気がつくはず  完成検査問題や元会長であるカルロス・ゴーン氏の逮捕など、暗いニュースが続く日産自動車。しかし、クルマには罪はないということで、今回は現在の日産のラインナップの中から人気のノ…

続きを読む...

インサイトやR35GT-R! 地方に激レアのご当地パトカーが存在するワケ

パトカーには国費購入と県費購入のものの2種類が存在する  白黒パンダカラーといえばAE86トレノ……と思い浮かべる「頭文字D」ファンもいるかもしれないが、やはり多くのドライバーにとって白黒2トーンといえばパトロールカー(...

続きを読む...

まだ間に合う! これから価格高騰が予想される中古国産スポーツモデル4選

90年代スポーツカーの高騰が続くなかまだ買いやすいモデルは存在  旧車、そしてネオヒストリックの高騰が叫ばれて久しいが、まだ値上がりしていないクルマはある。ひと儲けなんていう邪心は別としても、それゆえ、持っている人は大切...

続きを読む...

いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

280馬力勢に憧れを抱く人が多数  欲しいクルマはあるにしても、最近ではクルマに憧れをもつというのも減ってきたように思う。買えなくても見ているだけでいい、いつかはお金を貯めて買えたらいいなぁ、などの夢ではなく、現実的にな...

続きを読む...

究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

モータースポーツのベース車という主旨で誕生したモデルたち  スポーツ走行で愛車を速くしたいと思ったら、一番手っ取り早いのはパワーアップだろう。パワーさえあれば少々のミスも加速で取り戻すことができるし、長い直線があるコース…

続きを読む...

エクストレイルやジュークの個性派モデルが登場! 日産が東京オートサロン出展概要を発表

オーテックは第4弾としてリーフのコンセプトモデルを出展  日産自動車は、オーテックジャパンならびにニッサンモータースポーツインターナショナル(以下、ニスモ)と合同で、2019年1月11日(金)〜13日(日)までの3日間、...

続きを読む...

1 / 2612345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

    【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

    登場間もないダイハツのブーンとキャストで徹底比較 「軽自動車とリッター...

  4. N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

    N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

    2018暦年でのブランド別トップはダイハツ 1月10日に全軽自協(全国...

  5. 【逆効果になることも】新車ディーラーでのNGな値引き交渉5選!

    【逆効果になることも】新車ディーラーでのNGな値引き交渉5選!

    間違えた交渉では雰囲気も悪くなるし値引きも期待できない 昔からよく値引...

  6. 軽自動車にハイオク仕様がない理由とは

    軽自動車にハイオク仕様がない理由とは

    軽に求められるコスト要件と64馬力規制からハイオクを選ぶ意味が少ない ...

  7. 【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    細かい所に水が入り込みサビの原因になることがある クルマ好きが、街のあ...

  8. 【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    実際に試してもとくに悪影響は確認できず これは耳にしたことも多いだろう...

  9. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  10. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...