「日産」の記事一覧 - 5ページ目

性能と引き替えに失ったものも! あえて中古で先代モデルを選びたくなる国産車9選

性能では確実に進化しているが感性の部分では……  基本、進化というのは素敵なことだ。機能はよくなるし、便利にもなるなど、そこは否定しないし、クルマの場合も進化してこその存在意義というのはある。とはいえ、前のモデルに付いて...

続きを読む...

【試乗】3000kmを走破! 速攻独占試乗に成功した日産GT-R「2020年モデル」の実力

公式発表にはない細かな改良が施されている!  2019年4月17日、日産自動車は「NISSAN GT-R」の2020年モデルを発表。従来からラインアップされている基準車の「GT-R」と走りに特化した「GT-R NISMO...

続きを読む...

型式よりも愛称を復活希望! 歴代スカイラインの「愛すべきあだ名」とその由来4選

呼んではいても理由を知らない人も多い  1957年のデビューから現在の現行モデルまで13代もの歴史を誇るスカイライン。これだけ長い歴史がある車種だけに、愛称を持つモデルも多く存在している。そこで今回はスカイラインに付けら...

続きを読む...

クラウンやカローラとも違う! 誕生から60年以上経っても日産スカイラインが名車と呼ばれ続ける理由

レースでポルシェを抜いたことが人気に火をつけた  日産スカイラインの歴史は、日産と合併前のプリンス自動車時代に遡る。プリンス自動車は、はじまりが航空機メーカーであったことも関係して、最先端の技術にこだわる気風が強かった。…

続きを読む...

売却厳禁なクルマとは? 手放したが最後再入手が難しい国産スポーツ4選

25年ルールで北米輸出が盛んな車種も高騰  愛着のあるクルマだけど最近あまり乗らなくなったし、一旦手放して余裕ができたら買いなおそうかな……と思ったことがある人は少なくないだろう。とくに中古車として購入した場合はどうして...

続きを読む...

33年首位のカローラを破ったコンパクトカーも! 21世紀の始まり「平成13年」誕生のクルマ4選

21世紀の始まりに大きく舵を切った伝統車も  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災と...

続きを読む...

もっとも広いモデルは大型ミニバン並! 「イマドキ軽」の衝撃的な後席を実寸チェック

圧倒的な広さをもつのはバカ売れ中のホンダN-BOX  いま、軽自動車がこれまでになく“熱く”盛り上がっている。新型日産デイズや三菱eKクロスの登場で、下手なコンパクトカー真っ青の走行性能、内外装の質感だけでなく、先進安全...

続きを読む...

日本ならではの軽を作りたい! 開発責任者が新型日産デイズに込めた思いとは

日本ならではの軽を作り上げるという新たなる挑戦  いよいよ正式デビューを飾った新型デイズ。初のフルモデルチェンジで、2代目へと生まれ変わったデイズは、その特徴をひと言で表すなら「よくばりなクルマ」と言えるだろう。安全性、.…

続きを読む...

軽の価値観を変えるためにとことん追求! 新型日産デイズがこだわったデザインとは

初期段階から1分の1モデルを作製し“実物”による徹底検証を実施  新しいプラットフォームに、新設計のエンジンやCVT、さらには、軽自動車初となるプロパイロットの搭載など、全方位的な進化を遂げた新型デイズ。その進化の大きさ...

続きを読む...

クルマが主役じゃないけど存在感抜群! アニメに登場するモデル3選

名脇役の乗るクルマにもファンは注目している  いつの時代も漫画やアニメの影響力はバカにできないものがある。連載当時ではただの古いスポーティーカーだったAE86を一気にスターダムに押し上げたのも「頭文字D」の影響が多分にあ...

続きを読む...

映画がなければマイナーだった!? スクリーンに登場して有名になったクルマ5選

世界に日本車の素晴らしさを伝えたクルマたち  映画の劇中車として使われて有名になったり、人気が出たりしたクルマは数多くある。クルマは単なる移動手段ではなく、人生そのものに深く関わるものであるので、映画のなかでも役者並みに…

続きを読む...

失敗もあるがミレニアムらしい挑戦的なクルマが多数登場! 平成12年誕生の名車&迷車6選

異業種合同プロジェクトの衝撃作も登場した  5月1日から、新しい元号の令和がスタートし、平成が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気な...

続きを読む...

女子ふたりがノートe-POWERでガチラリーに挑戦! 第4戦にして嬉しい初表彰

ノートe-POWER NISMO Sをベースにキャロッセが車両開発  雑誌CARトップの編集部員女子・中村理紗とドリフト出身女子ドライバー水原亜利沙が日本最高峰の「全日本ラリー選手権」に挑戦中! マシンは今、日産で注目の...

続きを読む...

【ムービー】走りと静粛性に見合ったデザインを採用! 上質さを極めたリーフAUTECHが登場

オーテック専用ブルーのシグネチャーLEDを採用!  リーフAUTECHが登場した。AUTECHはミニバンのセレナを皮切りに、コンパクトカーのノート、SUVのエクストレイルに設定され高い評価を受けているが、リーフはその第4...

続きを読む...

クルマオタクでも選ばない!? マニア度120%な教習車やタクシー専用車は個人で買えるのか

マニア度高い教習車はディーラーで取り扱っているが……  免許を持つ人なら一度はお世話になったことがあるであろう教習車。先日もマツダから日本国内では販売されていないデミオのセダンをベースにした「マツダ教習車」がリリースされ...

続きを読む...

ウィークリーランキング