「ホンダ」の記事一覧

【ムービー】新型ホンダ シビック日本仕様プロトタイプを中谷明彦が試乗!

日常領域から限界域まで中谷明彦が徹底分析する ホンダ伝統の車種、シビック。残念ながら日本市場には9代目が導入されず、長らく姿を消していた。しかし今回、グローバルモデルである10代目シビックのセダン、ハッチバック、そしてタ...

続きを読む...

ホンダ クラリティを導入! 6月末からFCVの走りをタクシーで体感できる

タクシー会社4社で運用を開始する ホンダ(本田技研工業)は5月18日、初の量販FCV(燃料電池車)である「クラリティ フューエル セル」のタクシー運用を6月末をめどに開始することを発表した。 クラリティ フューエル セル...

続きを読む...

夏のマイナーチェンジに先駆けてホンダ・グレイスを公式HPで先行公開

ホンダセンシングを導入しボディデザインもスポーティーに ホンダは2017年7月に発表する小型セダン「グレイス」のマイナーチェンジモデルを公式ホームページで先行公開した。5ナンバーハイブリッドセダンに4WDモデルを初導入し...

続きを読む...

【意外と知らない】驚異の技術で世界に衝撃を与えたホンダCVCCエンジンとは

不可能とも思われたマスキー法をクリアした革新的な燃焼技術 自動車の技術の多くは、じつは航空工学からのブレークスルー(簡単にいえばお下がり)ですが、画期的技術に関しては独自のものが多いのも事実です。そのひとつがホンダが19...

続きを読む...

アロンソの代役はバトン! マクラーレン・ホンダでモナコGP出場へ

2009年にはモナコGPで優勝している WEB CARTOPでも既報のとおり、2017年4月12日、マクラーレン・ホンダからF1に参戦するフェルナンド・アロンソ選手が、5月28日に決勝を迎えるアメリカ最高峰のオープンホイ...

続きを読む...

新型ホンダNSXのモノコックとは違うスペースフレームとはどんな技術?

自動車業界としては世界初のアブレーション鋳造アルミ部材も採用 普通のクルマのボディはモノコックボディであり、ボディやシャーシが一体となって骨格を形成しているが、新型NSXでは複数の素材を適切に配置したマルチマテリアル・ス...

続きを読む...

【ホンダファン必見】京商から1/64スケール「ホンダNSX&S660ミニカーコレクション」が登場

必ず2車種3バリエーション入っているお得なシリーズ 1/12スケールから1/150スケールまでのミニチュアカーを手掛ける京商から「1/64スケール ホンダNSX&S660ミニカーコレクション」が2017年7月に発売予定だ...

続きを読む...

【すべてが専用設計】新型ホンダNSXのエンジンに込められた驚異の技術

広いバンク角とドライサンプで低重心化を図る NSXは開発途中で縦置きパワートレーンの採用が決まってから、専用エンジンが新規開発された。型式名はJNC型で、総排気量が3492ccのV型6気筒ツインターボ。最高出力が507馬...

続きを読む...

【ムービー】新型スズキ・スイフトvsライバル勢! コンパクトクラスを徹底比較

ワインディングでの走りを中心に後席の広さまで徹底チェック! 新登場のスズキ・スイフト。売れ線のコンパクトクラスだけに、気になるのはライバルに対するアドバンテージだ。今回はスイフト ハイブリッドRSとターボのスイフトRSt...

続きを読む...

待望のホンダ新型シビックタイプR! エンジンもパワーアップを果たす

パワーは10馬力アップだがそれ以上に扱いやすさが増した 昨年9月にフランスで開催されたパリモーターショーでプロトタイプがお披露目されて以降、アメリカのSEMAショー/LAショー、そして日本の東京オートサロンでティザー活動...

続きを読む...

【ニッポンの名車】レッドゾーンは9500rpm! S600はホンダらしさ全開の小型オープン

本田宗一郎が一番理想としていたモデル 現在のS660のご先祖様としてお馴染みのSシリーズ。1962年に今の東京モーターショーの前身である全日本自動車ショーに、S360とS500が姿を現わしたのが最初だ。S360については...

続きを読む...

1 / 2012345...1020...最後 »