「トヨタ/レクサス」の記事一覧

アルパインが高級感も演出する車種専用3ウェイツイーターを発表

走行中の振動なども考慮して耐久性もバッチリ  カーナビやカーオーディオを手がけるアルパインは、プレミアムサウンドと上質なインテリアを演出する車種専用リフトアップ3ウェイスピーカーを発表し、2月下旬より順次発売する。  今...

続きを読む...

レクサスは最強のRC Fとオープンエアを楽しめるLCコンバーチブルを初披露【NAIAS2019】

アメリカで好まれる2台のクーペのスペシャルモデル  LEXUSは、デトロイトモーターショーでコンセプトカー「LC Convertible concept」と、新型「RC F」を世界初公開した。美しい伸びやかなデザインのオ...

続きを読む...

ついに姿を現した! 新型トヨタ・スープラがデトロイトでワールドプレミア【NAIAS2019】

GRとしてイチから開発した初のスポーツモデル  A90というコードネームが入った特徴的なカモフラージュ姿はプロトタイプとして、日本国内で頻繁にスクープされていたスープラ。先日開催された東京オートサロンでは、GT500コン...

続きを読む...

レクサス「LC」にコンバーチブル! コンセプトモデルをデトロイトモーターショーにて発表

市販化されるのが待ち遠しい1台  レクサスは、開催x風のデトロイトモーターショーにおいて、ラグジュアリークーペ「LC」のコンバーチブル仕様のコンセプトモデルをワールド・プレミアすると発表した。  LCコンバーチブルコンセ...

続きを読む...

ガチの悪路は走らない! そんな人にメリットの大きいクロスオーバーSUV5台とその中身

立体駐車場へ入庫できるかがポイントのひとつに  世界的にブレークしているクロスオーバーSUVには興味津々ながら、本格SUVまでは必要なし。扱いやすくて燃費も良く、比較的手ごろな価格のクロスオーバーモデルはないものか? 今...

続きを読む...

レクサスの走りの象徴である「RC F」がマイナーチェンジ! 高性能バージョンも設定

GT3マシンのノウハウを活かして開発  レクサスは、デトロイトモーターショーにおいてマイナーチェンジとなる新型「RC F」を世界初公開すると発表した。  2007年にIS Fが登場し、「公道からサーキットまでシームレスに...

続きを読む...

話題のスープラはスーパーGT仕様が早くも登場! トヨタガズーレーシングブース【東京オートサロン2019】

間もなくベールを脱ぐスープラに注目が集まる!  トヨタガズーレーシングは、東京オートサロン2019にて、間もなく発表されるトヨタスープラのプロトタイプとともに、2020年に国内最高峰のツーリングカーレースであるスーパーG...

続きを読む...

最高峰の2台「レクサスLS」と「トヨタ・センチュリー」は何が違う? 歴史から考える

和のテイストを前面に押し出した初代トヨタ・センチュリー  2018年の新車トピックスのひとつといえば、センチュリーのフルモデルチェンジがあるだろう。しかし、「先代のものとなるものの、現行センチュリーはレクサスLSのプラッ...

続きを読む...

【試乗】操る喜び満点! 新型トヨタ・マークX GRMNをドリキン土屋圭市がサーキットで試乗

従来型よりもエンジンの伸びを活かすギヤ設定に変更  2015年に限定100台が発売、あっという間に売り切れたマークXのスペシャルモデル「GRMN」の第2弾が登場した。もちろん、従来モデルに対していくつかのアップデートが行...

続きを読む...

インサイトやR35GT-R! 地方に激レアのご当地パトカーが存在するワケ

パトカーには国費購入と県費購入のものの2種類が存在する  白黒パンダカラーといえばAE86トレノ……と思い浮かべる「頭文字D」ファンもいるかもしれないが、やはり多くのドライバーにとって白黒2トーンといえばパトロールカー(...

続きを読む...

高齢者に決別!? 若返りを図った新カローラシリーズの戦略は成功なのか

いまどきの年配層は想像以上にアクティブ  2018年11月に開催された中国・広州モーターショーにおいて、現地合弁会社が生産する一汽トヨタ・カローラと広汽トヨタ・レビンが次期型カローラシリーズのセダンとしてワールドプレミア...

続きを読む...

トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイアにモデリスタ製コンプリートカー「MULTI UTILITY」登場

買い物からレジャーまでさまざまなシーンで活躍できる仕様  モデリスタは、トヨタ自動車のMクラスミニバンであるノア/ヴォクシー/エスクァイアをベースにしたコンプリートカー「MULTI UTILITY(MU)」を発売した。メ...

続きを読む...

偉大すぎる初代! 他メーカーにまで影響を及ぼした衝撃の国産車3選

海外メーカーまでもがコンセプトを真似たクルマも  現在も多くの車種がリリースされている自動車業界。そんな多くの車種も開発の際、多少なりとも他車の影響を受けたというモデルは少なくないハズだ。そんななかでも、今回はとくに多く…

続きを読む...

トヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイアが一部改良し特別仕様車も設定

トヨタセーフティセンスは昼間の歩行者も検知可能に  トヨタ自動車は、人気のMクラスミニバンのヴォクシー/ノア/エスクァイアを一部改良した。また、同時に各車に特別仕様車を設定し、1月7日より発売を開始した。メーカー希望小売...

続きを読む...

プロが見て売れない理由が見つからない……のに売れない残念なミニバン3選

SUV人気により影が薄くなってしまったミニバン  クロスオーバーSUVの台頭、異常とも言える人気で以前より影が薄くなってしまったミニバン。もちろん、トヨタ・シエンタやヴォクシーなど、乗用車販売ランキングで10位以内に入っ...

続きを読む...

1 / 4112345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...