「トヨタ/レクサス」の記事一覧

新型トヨタ・カムリをもっと楽しむ! 3タイプのドレスアップパーツが勢揃い

トヨタ純正用品・TRD・モデリスタの3タイプが勢揃い  7月10日に発売された新型トヨタ・カムリに、トヨタ純正用品、TRD、モデリスタが早くも専用ドレスアップパーツを設定。同日に東京・青海のメガウェブで行われた発表会の席...

続きを読む...

トヨタ・ランドクルーザーが一部改良! 日常使いがより便利になる装備を追加

新たな内装色も選択可能になり商品力向上 60年以上にわたり世界中で販売され続けている本格高級フルサイズSUV「ランドクルーザー」が一部改良を受け、使い勝手がさらにアップした。 サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラー...

続きを読む...

【開発陣に直撃】新型ハリアーの目玉2Lターボは開発当初の計画になかった!

「デザインだけ変えるようなマイチェンにはしたくなかった」  今回のトヨタ・ハリアーマイナーチェンジの最大の見どころのひとつである2リッターターボだが、じつは開発当初は計画されてはいなかったという。開発責任者の石井隆さんは.…

続きを読む...

【ニッポンの名車】匠の技術で生産! 唯一無二の超高級車トヨタ・センチュリー

2代目は片バンクがトラブルでも動くV12エンジンを搭載  日本だけでなく、世界がどんなにプレミアムカーに力を入れようとも、デザインも含めてあるゆる部分が唯一無二。日本だけにしかできないプレミアムサルーンが、トヨタのセンチ...

続きを読む...

「もっともカムリらしくないデザイン」を採用! 新型トヨタ・カムリが誕生

居住性や積載性は確保しつつロー&ワイドなスタイリングに  アメリカでは2002〜16年の15年連続で乗用車販売台数No.1を獲得するなど、100ヵ国以上の国と地域で累計1800万台を販売しているトヨタのFFミドルクラスセ...

続きを読む...

【ニッポンの名車】トヨタMR-Sは軽快で走りは極上も売れなかった悲運の名車

安価でもMRを存分に楽しめる軽快な走り  世のなかには、走りのパフォーマンス、コンセプトはよかったのに、人気が伸び悩み短命で消えて行ってしまったクルマというのがいくつかある。トヨタのMR-Sは、まさにそうした一台だった。...

続きを読む...

【開発陣に直撃】本物感から本物へと昇華した「新型ハリアー」デザインの秘密

微に入り細に穿つような高級さの追求  新型ハリアーがデザインで目指したもの。それは「本物感」から「本物」への昇華だ。開発責任者をつとめた石井隆さんは、次のように語ってくれた。 「より本物となった高級感を味わっていただける.…

続きを読む...

トヨタ「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」のミニバン三兄弟がド迫力マスクに!

三車の個性をより明確にしつつ押しの強い顔立ちに変更 トヨタの5ナンバー1BOXミニバン、ヴォクシー/ノア/エスクァイアがマイナーチェンジ。フロントマスクを中心に外観を大幅に変更し、走りと内装の質感・使い勝手もレベルアップ...

続きを読む...

【開発陣に直撃】新型トヨタ・ハリアーの「3つの狙い」とは?

欧州SUVとの勝負に2Lターボは必須アイテム  三代目となる現行型ハリアーが、初のマイナーチェンジを実施した。その開発責任者をつとめた石井隆さんは、初代ハリアーの開発ではボデー設計を担当し、二代目と三代目では商品開発の立...

続きを読む...

【レクサスLC詳細解説】「外観」と「内装」は何ものにも似てない唯一無二の造形

機能と見た目を妥協せずに作り上げたエクステリア  世界のLクラスクーペをライバルとするLC500h/500。ラグジュアリークーペとしての存在感を高めるため、オリジナリティの高いエクステリアデザインで登場した。 「他のどの...

続きを読む...

【ムービー】直撃インタビュー! レクサスLSのデザインに込められた意図とは

まるでクーペのように流麗なデザインをもつ大型セダン  11年ぶりのフルモデルチェンジとなったレクサスLS。2017年1月にデトロイトモーターショーで初披露され、さらに先日日本でもお披露目されて話題となった。  今回はレク...

続きを読む...

【ムービー】レクサスLSのチーフエンジニアに開発コンセプトを直撃インタビュー

フラッグシップモデルでありながら格好良さも演出  11年ぶりのフルモデルチェンジとなったレクサスLS。先日、日本でも初披露され話題となったレクサスのフラッグシップセダンだ。今回はレクサスLSチーフエンジニアの旭利夫さんに...

続きを読む...

1 / 2412345...1020...最後 »